TOP > EditingSupportBox > v8のライセンスで下位バージョンを使用する方法について

Editing Support Box

v8のライセンスで下位バージョンを使用する方法について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

V8用で取得したアクティベーションIDは、下位バージョンでも使用することが可能です。

下記は以前の情報ですので、現在の最新パッチでも動作すると思われます。

 

【v8ライセンスの下位バージョンとの互換性】

「ソフトライセンスの場合」

MC v7.0.4以降/v6.5.4.2以降

Sym v6.5.4.2 / v6.0.4 以降

NesCutter v11.0.4 / 10.5.4.2

 

「ドングルライセンスの場合」

MC v7.0.4 / v7.0.3 / v6.5.4 / v6.5.3 / v6.0.5 / v6.0.4 / v5.5.5

Sym v6.5.3 / v6.0.4 / v5.5.4

 

【有効化手順】 v8ライセンスを下位バージョンで使用するには、WindowsのAvidソフトライセンスを使用する場合のみちょっとした手順が必要になります。

まず下位のバージョンのインストーラをAvidアカウント内の「ダウンロードセンター」→「Media_Composer|Software」からダウンロードします。

※v6.5、v6.0.xはパッチインストールで最新バージョンになります、パッチはソフトダウンロード上部にある「Go Here」リンクから落とします。

 

「ソフトライセンスの場合:Win」

Windowsのみ、v8ライセンスを有効化するためにv7やv6.5ソフトとは別にライセンスコントロールをダウンロードセンターからダウンロードしインストールする必要があります。

※v7.0.xを使用したい場合には「LicenseControlV4.0」をここからダウンロード:LicenseControl_for_MCv7.0.x

※v6.5.xを使用したい場合には「LicenseControlV3.5」をここからダウンロード:LicenseControl_for_MCv6.5

まず、使用している古いバージョンのAvidライセンスをインターネット接続経由でアクティベーション解除する必要があります。

Avidソフト内の「スペシャル>Deactivate_Soft_License」を行います。 その後、使用したい新しいバージョンのV8ライセンスと互換があるAvidソフトをインストールします。 次にアクティベーションを行いますが、アクティベーションはインターネット経由で行う方法とオフラインで行う方法の2通りがあります。

 

<インターネット経由でのオンラインの場合 ※有線LAN推奨>

1. MC 7.0.4 と License Control 4.0 がインストールされていることを確認します。

※MC6.5.4.x と LicenseControl_V3.5等でも同様

2. 下記のフォルダを削除します。※ProgramDataは不可視フォルダです、不可視フォルダを表示させる方法はこちら 

C:\ProgramData > Pinnacle 

C:\ProgramData > Avid > SWL 

C:\ProgramData > Avid > Licenses

3. MC 7.0.4 を通常通り起動します。

4. ライセンス選択で 1 番目を選びます。

5. 自動的に License Control が起動します。

6. Media Composer (InterPlayでは無く!)を選び、ダイレクトアクティベーションを行います。

7. アクティベーション完了後、エラーが発生します。「カスタマーサポートに連絡してください」を無視し、ウィンドウを右上の×でそのまま閉じます。←※重要

8. 登録しますか?と聞かれるので、登録しないを選びます。

9. プロジェクト選択画に戻ったら、一旦終了し、MC を再起動します。

10.MC起動後にAC3音声付きのAVCHD等のファイルをインポートしAC-3ライセンスを取得します。

※どのAVCHDファイルでも構いません。

※AC-3ファイルをインポート時に裏側でネット接続しAC3ライセンスを自動取得します。

 

<オフラインで行う場合>

上記6のアクティベーション方法をオフラインで行うを選択し、別のインターネット接続可能なマシンで下記Avidライセンス発行サイトで必要な情報を入力します。 7以降は同じ手順になります。

https://my.avid.com/products/indirectactivation

オフラインアクティベーション

オフラインAC3

 

 

ここで同時にDolby AC-3ライセンス込みのLicense.binファイルを取得します。

最初にSoftwareLicense.binを「submit」しbinファイルをDownLoadせずにブラウザ戻るボタンで戻り、Optionページで必要な情報を入力しAC-3ライセンス込みの「License.bin」ファイルを取得します。その後、LicenseControlのbin認証ウィンドウにあるブラウズボタン「...」からbinファイルを認証させます。

 

無事にMC起動後、LicenseControlツールのProfileタブでMediaComposerとDolby-AC3ライセンスの両方が「パーマネント」と表示されていれば完了です。

 

ライセンス認証完了

※ライセンス認証時のネットワークポート設定(ネットワーク順序・有効/無効)を変更するとライセンスが外れますので注意!!

 

 

以上。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

タグ

 

 

 

 

 

 

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。