TOP > 展示会情報 > 「InterBEE 2017」出展のご案内

「InterBEE 2017」出展のご案内

*********************************************************
本展示会は終了いたしました。  ご参加頂きましたお客様に、厚く御礼申し上げます。
*********************************************************
期間中に展示会場にて、皆様からお聞きしましたアンケートのご回答内容は、
お客様のニーズを理解し、当社の営業活動に役立て目的のみに利用いたします。
また第三者への提供はいたしません。

 

展示会名 第53回 2017年国際放送機器展
公式サイト http://www.inter-bee.com/ja/
会期 2017年11月15日(水)~ 11月17日(金) 10:00~17:30 (最終日のみ17:00終了)
会場 幕張メッセ 展示ホール
主催/共催 (一社)電子情報技術産業協会(JEITA)
後援 総務省/経済産業省/日本放送協会(NHK)/(一社)日本民間放送連盟(JBA)/(一社)電波産業会(ARIB)
【主な出展予定製品】

映像制作放送関連機材部門:ブース番号4208(ホール4)

<<ファイルベース/4Kソリューション>>

■ Video over IPプラットフォーム「VersioTM」
送出のIP化、仮想化、マルチビューアの統合化に対応した送出プラットフォーム

■ 超低遅延 IP伝送システム
最新技術のMMTとHEVCを採用した送り返し用低遅延・高画質なエンコーダ/デコーダ。

■ ファイルベースクオリティチェッカー「Bit Note」
4Kファイルを実質時間以内で処理。GUIが日本語となっておりシンプルで直感的なQC。

■ MMT 4Kソリューション「ZJive for MMT / Decstream-4K」
4K/8Kの伝送方法でもあるMMTのリアルタイムデコーダや収録/再生装置。

■ 4K/HDファイルプレイヤー(参考出展)
XAVC Long GOPにも対応したファイルプレイヤー。字幕PV/波形モニター/ベクトルスコープ/オーディオレベルメーターなどを搭載

■ ファイルベースワークフロー「Vantage」
多彩なフォーマットに対応し、自動で分岐処理可能な高性能なトランスコーダ。4K/UHDまで対応可能なキャプチャサーバの連携展示。


■ 統合管理システム「IMC」
業務/制作/アーカイブに関するワークフローを統合的に管理し、日々の運用業務を協力に支援するICSオリジナル統合管理システム。

■ 4K/HDキャプチャサーバ「Gloobox」
1入力に対し、異なるフォーマット3つ同時書き出し。Avid Interplay | Productionと連携可能な4K/HDキャプチャサーバ


■ スケールアウトストレージ「Xcellis」
4K/HDの編集機やファイルベーストランスコーダをクライアントとしてシステム構築が可能なスケールアウトストレージ。

<<映像制作編集ソリューション>>

■Facilis Technology社超高速4K共有ストレージシステム
Facilis Technology社「TerraBlockシリーズ」にて、新たにリリースされた32Gbファイバー接続した4K編集システムを実機展示。

■ Venera Technologies社 自動QCツール
世界的に定評のあるVenera Technologies社の「Pulsar」を展示。高速で使いやすいUIが特徴の製品で、ファイルベースワークフローでの品質チェックに最適。

■ Cinegy社 マルチフォーマットインジェストシステム
日本初展示「Cinegy Capture PRO」は、ProResを含む様々なフォーマットのファイルを複数、同時生成可能なリアルタイムインジェスター。まだまだ無くならないテープインジェスト作業を強力にサポート。

■ Lasergraphics社 Director 10K アーカイブフィルムスキャナー
国内初出展のDirector10Kは10Kまでのスキャンデータを生成することができ、3フラッシュHDRスキャニング(カラー/白黒に対応)機能を搭載し、複数データ・フォーマットを同時生成可能。

■ IHSE社 デジタルKVMシステム
IHSE社のKVMシステムに組み込む事で、PC信号をSDIモニタやマルチビューワでプレビューしたり、SDI信号をPCモニタ上でシェアすることが可能に。優れた操作性を体感してください。

■ ケンブリッジリサーチシステムズ社 フラッシュアンドパターンアナライザー
ご存知、パカパカチェック業界標準、ケンブリッジリサーチシステムズ社のハーディングFPAを展示

<<送出・伝送設備IP化、クラウド化>> 

SMPTE2022-6、SMPTE2110に代表される、昨今の送出・伝送設備IP化、並びに送出・伝送設備のクラウド化に向けた取り組みをソリューションとして展示。


 

プロオーディオ部門:ブース番号2202(ホール2)


AMS Neve社
サラウンド制作に特化したデジタルコンソール「DFC3D」と、アナログコンソール「Genesys Black」を展示。

■ MORSON
BWF-Jに対応した音声編集・ポン出しアプリケーションを展示。

 

 

INTER BEE CONNECTED:ブース番号7103(ホール7)


業界最大注目の広告挿入技術において、唯一商用かつ大規模実績を持つYOSPACE社サーバーサイド広告挿入サービスを紹介します。本ブースと合わせ実演デモ展示していますので、是非ともお立ち寄りください。

 

 

 
 
 
※なお、出展製品が変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。