TOP > 展示会情報 > 「ケーブル技術ショー2018」出展のご案内

「ケーブル技術ショー2018」出展のご案内

展示会名 ケーブル技術ショー2018
公式サイト https://www.catv-f.com/index.html
会期 2018年7月19日(木)9:30~18:00  および 7月20日(金)9:30~17:00
会場 東京国際フォーラム ホールE(展示ホール)  ブース番号: A-06
主催/共催 (一社)日本CATV技術協会(一社)日本ケーブルテレビ連盟(一社)衛星放送協会
協賛 (一社)日本ケーブルラボケーブルテレビ無線利活用促進協議会(一社)日本コミュニティ放送協会

主な出展予定製品

■ 集合住宅向けソリューション(HCNA)
光ファイバーの引き込みが難しい集合住宅へのソリューションとして、高速同軸モデム「HCNA」をご紹介いたします。今後リリース予定の最新モデル、実際にご導入いただいておりますケーブルテレビ局様のHCNA施工・設置から監視・運用事例、電話サービスへの対応についてご紹介いたします。

 

■ FTTH/CMTSソリューション
HFCシステム、及びFTTHシステムの概要や、5G、IoT、IPマルチキャスト等の最新技術を活用した地域インフラ構築ソリューションの将来像をご紹介いたします。

 

■ CATV向け次世代映像配信ソリューション
CATV局向けの放送用エンコーダやIP放送配信サーバなど、ヘッドエンドの次世代IP放送化に向けたソリューション展示を行います。

  

■ 顧客管理支援システム
顧客対応業務の効率化を支援するフロントシステム「i-Front(CRM/営業支援/工事管理)」をご紹介いたします。

 

■ 低遅延IP伝送システム
最新技術のMMTとHEVCを採用した送り返し用低遅延・高画質なエンコーダ/デコーダを動態展示いたします。

 

■ コミュニティチャンネル用制作システムのワークフロー
コミュニティチャンネル用送出システムを中心としたファイルベースワークフローを紹介いたします。編集設備の導入事例を紹介し、 従来の目視検査にかわるQC(Quality Check)BitNote、そして多くのケーブルテレビ局で実績のあるVATIC9800を展示いたします。

 

■ H.265モバイルエンコーダー
災害時のライブ中継・監視・素材伝送等 に最適なモバイルIP中継Zao-Sを展示いたします。他カメラ用レンズ・三脚・モニター等ENG機器を展示いたします。

 

■ ICS クラウド サービス "eVERY"(参考出展)
ICSクラウドサービス  "eVERY" はクラウドを使ったSaaS型 従量課金 によるQC、アーカイブ サービスをご紹介いたします。

 

 

 

技術セミナー

  会場      : セミナー室 2
 
  開催日時:2018年7月19日(木)15:30~16:30
 
  演台      : 超高速時代に向けての取組み「10G/集合住宅対策」
 
  残席数   : 満席
               (受付は終了させていただいております。当日キャンセルが発生した場合は
                  ご参加いただけますので、当日に受付でご確認ください。)
 
 
 
※なお、出展製品が変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。