1. TOP
  2. お知らせ
  3. 展示会情報
  4. 九州放送機器展2022出展のお知らせ

九州放送機器展2022出展のお知らせ

九州放送機器展2022出展のお知らせ

 
展示会名 九州放送機器展2022
公式サイト https://www.q-kikiten.com/
会期

2022年7月21日(木)~22日(金)

会場

福岡国際センター(〒812-0021 福岡市博多区築港本町2-2)

出展ゾーン

映像機器

小間番号

I-62

主催 (一社)日本ポストプロダクション協会
後援 経済産業省九州経済産業局、総務省九州総合通信局、福岡県、福岡市、(一社)日本映画テレビ技術協会、NHK福岡放送局、RKB毎日放送、九州朝日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、TVQ九州放送、ジェイコム九州、西日本新聞社、(一社)日本CATV技術協会 九州支部、日本ケーブルテレビ連盟 九州支部、FM FUKUOKA、(株)CROSS FM、LOVE FM(以上予定)




出展内容

 

放送局、CATV局、ポスプロ、制作プロダクション、配信事業者 様他への直近の導入実績を基に、来場者皆様の役立つ様な提案型のソリューションを展示いたします。事例紹介を交えつつご紹介させていただきます。


■ 報道支援連携ファイルベースシステム
Avid JNEWS & MediaCentral Cloud UX
JNEWSは、報道支援システムと連携し、収録⇒編集⇒送出まで管理サポートするシステムです。また、MediaCentral Cloud UXと連携し、Webブラウズベースでプレビューや簡易編集を実現します。


■ アーカイブシステム
Cerca ※九州初出展
報道支援システムとの連携実績のあるアーカイブシステムです。保存フォーマットや、保存先(Cloud、サーバー、メディア等)に縛られる事なくシステム構築をご提案できます。

■ 編集共有ストレージ
Facilis HUB
多くの国内導入実績を誇るプロ映像音声編集用ストレージシステムで、OSや編集ソフトウェアに縛られる事無くシステム構築が可能なシステムです。


■ KVM機能付きマルチビューワー
IHSE 「MV42シリーズ」
マルチスクリーン機能により、1セットのキーボード・マウスで全ての入力ソースの操作が可能なKVM機能付きマルチビューワーです。


■ CATV向け番組自動送出機
Video Tech「 VATIC 」
CATV局向けにオーサライズされた、番組自動送出機。EPG連携、編集機連携、アーカイブ連携など組み合わせにより、お客様のワークフローを改善します。


■モバイル中継システム
「 Smart-telecaster Zao-X 」 ※新製品
新圧縮伝送システムを搭載し超短遅延を実現した小型軽量のシステムです。

 

■オンエア映像・送り返しシステム
テクノマセマティカル 「 低遅延・小型映像伝送装置  」
インカム&タリー機能をオプションで追加可能な超低遅延の送り返しシステムです。

 

■ライブ配信システム導入事例紹介
Cobalt Digital 「HDR対応エンコーダー」
真宗大谷派 東本願寺 様の常設ライブ配信システムの導入事例のご紹介致します。CobaltDigital社のYouTube配信対応の4K HDRエンコーダーの機能説明もさせていただきます。

 

以上