TOP > お知らせ > Haivision社製イベントライブ配信用4Kエンコーダ 「KB MAX」販売開始

Haivision社製イベントライブ配信用4Kエンコーダ 「KB MAX」販売開始

 

伊藤忠ケーブルシステム、Haivision社製イベントライブ配信用4Kエンコーダ 「KB MAX」を2018年8月1日より販売開始

伊藤忠ケーブルシステム株式会社(東京都品川区東五反田、代表取締役社長 土屋 健二、以下「伊藤忠ケーブルシステム」)はHaivision社(カナダ・モントリオール、会長兼CEO Miroslav Wicha、以下「Haivision」)が製造・販売するイベントライブ配信用4Kエンコーダの新製品「KB MAX」の国内向け販売・レンタルを2018年8月1日より開始いたしました。

昨今、4K対応製品は撮影用カメラから視聴用テレビにいたるまで普及がめざましく、身近になりつつある一方で、配信用信号に変換する業務用ライブエンコーダの製品価格は高止まりしており、4Kライブ配信の実施は未だ限定的な状況です。
Haivision社が新発売したKB MAXは収容効率が非常に高い小型の筐体に高性能GPUと3G-SDI入力4ポート(うち1ポートは12G-SDI対応)を実装していながら、価格は従来の一般的な製品と比較して40~50%で設定されており、事業者様の4Kライブ配信の具体化に貢献するモデルです。
発売以来世界的に高い評価を得ており、注文に生産が追いつかない状況が続いておりましたが、当社では同機を入手し、負荷試験を行ったうえでお奨めし得る製品と評価できましたため、今回の発表と相成っております。

4Kカメラが持ち込まれるスポーツイベントやお祭りなどの催事、また文化的催しなどのシーンにおいて、ネットワークの準備さえあれば現地からYouTubeなどの配信プラットフォームへ4K映像を送信することが可能です。事業化のための購入ご検討をされる事業者様へは、その初めのステップとしてイベント単位でのレンタルプランも用意しております。

■製品の主な特長
-H.264/HEVC エンコーディング
-マルチビットレート出力対応
-独自の誤り訂正プロトコルSRTをサポート
-大手配信プラットフォームに対応
-クローズドキャプションをサポート
-寸法 44mm (H) x 216mm(W) x 267mm(D)、重量約2.3kgの持ち運び可能なサイズ
-360VRライブ配信対応(オプション)

■製品紹介URL
https://www.itochu-cable.co.jp/products/haivision/item_2020

伊藤忠ケーブルシステム メディアサービス部 本部長代行 山形賢一
「Haivisionは、"Video for work better"を掲げIPビデオにより配信事業者様のコスト効率化や企業内でのコミュニケーション改善などへ、エンコーダを中心としたECOシステムを提供しており当社とのパートナーシップはおよそ10年になります。本KB 4Kシリーズは、2016年ドイツにおけるレッドホットチリペッパーズ4K YouTube Live配信などで実績を重ね、非常に高い評価を受けて参りました。今回発売開始するKB MAXは、搭載するソフトウェアは上位機種と同等機能を有しながら、シリーズ末弟としてコンパクト筐体に納めたもので、お求め安い価格での提供が可能になりました。YouTubeやFacebook配信などで手軽にセットアップできる新世代4Kエンコーダをぜひご覧ください。」

Haivision 会長兼CEO Miroslav Wicha
「伊藤忠ケーブルシステムはHaivisionにとってアジアにおける最も確立されたパートナーです。同社は10年以上にわたり放送事業者およびエンタープライズ領域でHaivisionのソリューションをサポートしてきました。 KB Maxの展開により、放送品質かつ4K解像度の普及が日本のストリーミング市場にもたらされることでしょう。」

本記事に関するお問合わせ先

伊藤忠ケーブルシステム株式会社
メディアサービス営業部
 

■本プレスリリースのPDF

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。