TOP > 音響TOP > お知らせ(音響機器) > AMS Neve 「1073SPX」を発売開始

AMS Neve 「1073SPX」を発売開始

AMS Neve アウトボード新製品「1073SPX」を販売開始

amsneve

 

Neve伝説の名機#1073 マイクプリアンプにイコライザーモジュールを搭載した1Uサイズ、1チャンネルモデルです。
英国産にこだわりNeve自社工場で熟練したエンジニアによるハンドメイド生産で忠実な音を再現しました。
多数のお客様からのご要望にお応えした好評モデル#1073DPXの1Uサイズ版です。

 

Neve 1073SPX front.jpg

Neve 1073SPX rear.jpg

 

 

発売開始

2017年11月1日より

製品特長

・1970年代開発の標準マイクプリアンプNeve1073にイコライザーを搭載した1U 19インチラックマウントタイプ
・伝統のNeveサウンドの要となる”Exclusive Neve Marinair™”トランスを入出力に採用
・フロントパネルとリアパネルに切り替え可能なマイク入力とライン入力を搭載。またDI 入力をフロントパネルに搭載
・ファンタム電源+48Vの供給、マイク入力のインピーダンス切換、DI入力にグラウンドリフトを行うスイッチを搭載
・出力位相を反転させるフェーズスイッチ、EQ部のオン/オフ切換えスイッチの搭載
・外部エフェクターとの組み合わせでインサートセンド&リターンを実現。インサートポイントはプリ/ポストの切り替えが可能
・マイク、ライン、DI、EQの入出力レベルを+24dBまで7段のLEDを監視可能
・外付けACアダプターを採用 (AC100~240V自動対応) 
・デジタル入出力カード (オプション) は2018年春発売予定

 

主な仕様

 ・マイク入力: -80dB ~ -20dB (5dBステップ)
・ライン入力: インプットインピーダンス 10kΩブリッジング、-20dB ~ +10dB (5dBステップ)
・DI入力: 入力インピーダンス 1MΩ (PADオフ) 10kΩ (PADオン)、-80dB ~ -20dB (5dBステップ) 
・最大出力レベル: >+26dBu (600Ω)
・全高調波歪: 0.07%以下 (50Hz~10kHz at +20dBu出力, 帯域80kHz, 600Ω)

 

AMS Neve社について

24年前の1992年にイギリスのAMS社とNeve Electronics社が統合され発足した音響製品の設計及び製造する企業です。
AMS社は、デジタル音響機器の開発に特化したメーカーで、技術力は高く評価され、1970年代後半からイギリスを中心に世界中のレコーディング・スタジオへ導入されました。
もう一方のNeve社は56年前の1960年にRupert Neve(ルパート・ニーヴ)氏の工房からスタートしたミキシングコンソールと、そのモジュールなどを設計及び製造する企業です。1970年代に入ると一気にその需要は高まり、レコーディング・スタジオ、放送局など様々なスタジオへ導入されました。
往年の名機である、H/A EQの Neve#1073 と Neve#1081 が当時の回路のまま再生産されたり、新製品が追加されるなど、合併によって幅広い製品群になってきています。

ご購入・お問い合せ先

伊藤忠ケーブルシステム株式会社  報映事業本部
TEL: 03-6277-1852
Mail: info@itochu-cable.co.jp
※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。