K2 Summit 3G
GrassValley

スタンドアローンおよびSANソリューションでの冗長性を備え、組み込みのOSはmSATAインターフェースを搭載したSSDを採用し、高速かつ高い信頼性を実現しています。

放送業界に於ける長年の豊富な実績と信頼を持つK2シリーズの一つです。最小構成2CHから構築可能であり異なるフォーマットの混在に対応しております。

GrassValley

製品の特長

製品の特長の特徴

■2チャンネルまたは4チャンネル構成が可能
-SD: DV、IMX、MPEG-2 I-Frame/Long GOP に対応
-HD: DV100、XDCAM HD、XDCAM EX、MPEG-2 I-Frame&Long GOP、DVCPRO HD、AVC-Intra、DNxHDに対応

■フォーマット混在におけるシームレス再生に対応
-SD とHD
-720p と1080i
-1080P 3G
-DV、MPEG、AVC-Intra、H.264、AVCHD

■プロキシの同時生成 ( オプション )
収録中における、プロキシの同時生成に対応しているため、ストレージへの保存に加えて、IP ネットワークへストリーミングすることができます。これにより、システムリソースを節約しながらコンテンツの制作やリモートからの送出チャンネルの監
視を行えるため、より多くのユーザーへアクセス範囲を拡大することができます。

■収録映像を瞬時にリプレイ

■ChannelFlex? ? AppCenter Eliteの機能
・マルチカムモード
-UHD / 4K をサポートした、複数チャンネルの同期収録 / 再生
-スーパースローモーションモード
-3D モード
-ビデオ+キーモード
-タイムコード表示、および、カスタムテキストオーバーレイが可能
・HD/SD-SDI モニター出力
-カスタムテキストオーバーレイ可能なマルチビューアモニタモード

■iSCSIまたはFibre ChannelでK2 SANシェアードストレージに接続可能
K2-SAN は、ファイルシステム管理を行う K2 メディアサーバー、RAID-5 / RAID-6 対応のK2 RAID ストレージ1台、または、複数のK2 Summit3G プロダクションクライアントで構成されています。
K2 Summit 3G は、DVCPRO HD、XDCAM HD、AVC-Intra などの内蔵コーデックを使用し、SDIからのビデオ、および、オーディオ入出力を担います。
スタンドアローン構成では、内蔵ドライブまたは外付けのRAID ストレージ構成を選択することができます。
SAN構成は、小規模から大規模までスケーラブルな構成が可能であるため、100チャンネルを超える送出システムを構築できます。また、保存データを維持したまま、容量や帯域を拡張することができます。

■各チャンネルにミックスエフェクトを内蔵
APIまたはAppCenterProのプレイリストからビデオのディゾルブとオーディオのクロスフェードを適用可能

■mSATA SSDによる素早い起動
mSATA ソリッド-ステート-ドライブ (SSD) 上でエンベデッド OS が動作しているため、高速な動作と信頼性を提供します。

■内蔵ハードディスクの7.2TBアップグレードオプション

■MXF OP1a、SMPTE 360M (GXF)、QuickTimeの入出力に対応

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.