<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KF4W3K" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

KVMスイッチ
Draco Tera Compact 480シリーズ
IHSE

Draco Tera Compact 480シリーズは、80/64/48/32/16/8 ポートのラインナップを揃えた HD-KVMスイッチです。

Draco Tera Compact 480シリーズは、80/64/48/32/16/8 ポートのラインナップを揃えた HD-KVMスイッチです。1Uのコンパクトなシャーシーながら、Enterpriseシリーズと同等の切替時のタイムラグのないインスタントスイッチや、ポートのマトリックスを自由に設定できるフレックスポートなどのユニークな機能を備え、80/64/48/32/16 ポートモデルは冗長化電源も装備。接続 I/FはCATx、ファイバー、混在タイプが用意されています。オプションにより、Java-Tool による Webベースのグラフィックインターフェースによる設定、管理、オペレーションや、OSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)によるオペレーション、シリアルインターフェースやイーサネットによる APIを利用した外部制御が可能です。

製品画像

  • KVMスイッチ<br/>Draco Tera Compact 480シリーズ

特長

・フレックスポートテクノロジーにより、ポート内で自由に入出力ポートが設定可能。
・インスタントスイッチテクノロジーにより、タイムラグのない切替が可能。
・ケーブルイコライザー内蔵によりCATxケーブルで最長140mまで延長可能。
・冗長化電源を搭載。
・Java-Tool によるWeb ベースのグラフィックインターフェースによる設定、管理、オペレーションが可能。(オプション)
・OSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)によるオペレーションが可能。
・イーサネットまたはシリアルインターフェースによるAPIを利用した外部制御が可能。(オプション)
・カスケード接続、スタッキングが可能。(オプション)

マルチスクリーンオプション

マルチスクリーンオプションの特徴

・マルチスクリーンマウスオプションは、4台のCONユニットをグループとし、1台のキーボードマウスによる操作を可能にします。4台のグループは、スイッチのサイズに応じて、何グループでも構成することが可能です。
・マウスが表示されている当該PCのキーボード操作が可能となります。
・マウスは各ディスプレイ間を自由に移動し操作することが可能です。
・PCマルチビューワーを使用することで、ディスプレイの数を削減できます。

MatrixGridオプション

MatrixGridオプションの特徴

複数MTXスイッチ間のタイライン接続により、異なるスイッチに接続されたCPUに、異なるスイッチに接続されたコンソールから相互にアクセスする事が可能となります。(アクセス可能な回線数は、両スイッチ間に接続されたケーブル数に依存します。) Matrix Grid機能の使用により、マスターとなるスイッチがシステム上の複数スイッチを総合管理し、回線混雑時に自動的に回避ルートを検索、信号経路を設定することで、より自由度の高いルーティングが可能となります。

リダンダント・システム構成例

リダンダント・システム構成例の特徴

エクステンダーのEtherポートや、MTXスイッチのEtherポートがダウンした場合、ポート単位で自動切り替えを行います。これによりCPU-コンソール間の通信断を最小限に抑えることが可能です。もちろんMTXスイッチがダウンした場合も、自動的にもう片方のMTXスイッチに切り替わります。

関連製品

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.