エクステンダー/延長器
Draco Vario DualLink/DualHead Extender 482
IHSE

Draco vario Extender 482は、デュアルリンク/デュアルヘッド信号に対応した高品質延長器です。

Draco vario Extender 482は、デュアルリンク/デュアルヘッド信号に対応した高品質延長器です。本体に装備されたDMS-59ポートとDVI信号との変換ケーブル(用途に応じてオーダー時選択)が付属します。信号に応じて自由に選択可能な他のモジュールと同様に、474シリーズの筐体にインストールすることが可能です。またDraco Teraスイッチと併用すれば、スイッチ側のポート数を節約しながら、遅延のないストレスフリーなスイッチングシステムを容易に構築できます。

デュアルリンク用として使用した場合

デュアルリンク用として使用した場合の特徴

デュアルリンク用として使用した場合、2560×2048までのデュアルリンクDVI信号を、一本のCatXまたはファイバにより伝送します。空港など特定産業において使用される2048×2048などの特殊な解像度にも対応し、Center Modeオプションは、デュアルリンクのコンソールから通常のシングルリンクのCPUへのアクセスも可能にします。

デュアルヘッド用として使用した場合

デュアルヘッド用として使用した場合の特徴

デュアルヘッド用として使用した場合、2系統のDVI信号(最大1920×1200)とキーボード/マウスを、一台の延長器(ペア)と一本のCatXまたはファイバで伝送することにより、二台目の延長器やそれにかかるケーブルなどのコストを削減できます。デュアルヘッドのコンソールからシングルヘッドのCPUへアクセスした場合には、一台目のモニターに表示されます。また、デュアルヘッドCPU信号をシングルヘッドCONユニットにより表示させることも可能です。

仕様

関連製品

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.