ワークステーション・インテグレータ
Portalis

Portalis LC社は、米国ユタ州ソルトレイクシティに本社を置く、ワークステーションの統合マネージメントソリューションに特化したハードウエアメーカです。
業界最先端の特許技術により、他製品では実現不可能な、独自性に溢れたシステムソリューションを提供します。

pro-xi ワークステーション・インテグレータ

pro-xi ワークステーション・インテグレータの特徴

複数のコンピュータの一括管理・操作を可能とする、革新的ワークステーション

特長

特長の特徴

pro-xiワークステーション・インテグレーターは、複数台のPCやサーバーを1台のディスプレイ上に同時に表示しながら、一式のキーボード・マウスから表示された全てのマシンへのダイレクトアクセスを可能にした、全く新しい形の統合マネージメントシステム・ハードウェアです。マルチビューワとは異なり、画面上に表示された全マシンに瞬時にフルアクセスする事ができ、煩雑になりがちなモニタリング環境をシンプルにし、業務効率を飛躍的に改善します。リアルタイムスケーリングやサムネイルの作成、また自由なレイアウト変更など、他に類を見ない革新的な技術は、米国・欧州・日本で特許を取得しています。そしてユーザーごとの権限設定機能や電源の二重化、ホットスワップ可能なモジュラー構成によるトラブル対応能力など、ミッションクリティカルな環境下での使用にも耐え得る仕様となっています。

革新的な操作性

1画面に集約したpro-xiの「バーチャル・コントロールルーム」は、優れたユーザーインターフェイスによってオペレータの作業効率を大幅に改善します。こうした極めて画期的な特許技術を用いたpro-xiは、複数のシステムを統合し、モニターし、コントロールすることが出来ます。 そして複数のシステムが1台のワークステーションに統合され、情報が組織化されることによってオペレータがより効率的に操作を行うことができるようになります。より多くのシステムから、しかもリアルタイムに多くの情報にアクセスが可能なため、オペレータのパフォーマンスを向上させます。その結果としてオペレータによる不必要な操作ミスを減らし、運用コストを低減します。

ネットワークオペレーションの可能性

pro-xiを使用するとオペレータがネットワーク経由での運用と維持に必要な数十のコンピュータのリソースを監視・操作することができます。pro-xiシステムを既存のKVMインフラに接続すると、複数のサーバが新たに配置されたのと同じ状況を作り出すことができます。そして他のコンピュータと並行してリアルタイムで監視と操作ができるようになります。 また、既存のKVM-over-IPインフラと接続して、オペレーションセンターのバックアップを目的とした冗長化は、実用の現実味を帯びてきています。 緊急時、自然災害やその他の大惨事が発生した場合にpro-xiのバーチャルコントロールルーム機能を用いて全てを現在の場所から他の場所へ切り替えられるようになります。この機能があるとオペレーションセンターをある部屋からほかの部屋へ、あるいは異なる建物、あるいは遠隔地へ移動することができます。

関連製品

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.