<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KF4W3K" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

3D気象情報作画システム
クロスイメージング

気象庁及び民間気象会社などから送られてくるGPVなどの気象データを解析し、ハイビジョン放送向けの各種気象画面(動画・静止画)を作成する事が可能です。

製品の特長

製品の特長の特徴

■レイヤー
レイヤーを基本単位として複数のデータレイヤー・素材レイヤーを重ねることで作画を行います。データレイヤーには衛星画像、GPV、アメダス、台風、天気図、素材レイヤーには地図、緯度経度線、プレート(タイトル・凡例)などがあり、自由に組み合わせることができます。また、GPVレイヤーを活用し、相当温位やショワルター安定指数、雨雪判別などの表現も可能です。

■地図図法
ポーラステレオ図法をはじめとして、正距円筒図法、モルワイデ図法、メルカトル図法など多様な地図図法に対応しています。.

■カメラモーション
パン・ズームなどに加え、3D空間を自由に移動するカメラを定義して訴求力のあるモーション表現を行うことができます。

■高速レンダリング
G P U を最大限活用した設計によりレンダリング時間の短縮を実現しています。
例)全国合成レーダー 0.3秒
GSM全球 0.25秒

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.