KB MAX

Haivision

メーカーHaivision

KB MAX

製品名

KB MAX

KB MAXは4K映像までの高品質ストリーミングを実現する、持ち運びが可能なサイズのH.264/HEVCライブエンコーダ/トランスコーダです。KB MAXは事業者様のイベントのライブ配信の選択肢を広げ、世界中の視聴者へ高品質のライブ映像を届けるお手伝いをいたします。

KB MAX

ABR構成とハードウェアアクセラレーション

ABRエンコーダ/トランスコーダのKB MAXは、最大4K(UHD・2160p)の映像解像度のソースに対して、リアルタイムで処理リソースの最大効率化をマネージし、H.264またはHEVCエンコードとABR(アダプティブビットレート)カスケードを提供します。
これらの映像はCDN事業者を介してRTMP/HLS/MPEG-DASHフォーマットのABRカスケードとして配信することができ、地理的な制約、ネットワークの状態やデバイスを問わず、インターネットでの視聴者に最高の視聴体験を提供します。

クラウドへのアップリンク接続を最大限に活用

インターネット接続リソースにあまり信頼性がなく、利用可能な帯域が限られている場合、視聴者へ提供できる品質が損なわれる可能性があります。
KB MAXは、最高画角の単一ビットレートでストリームをクラウドサービス内のトランスコーダに送信し、そのトランスコーダでABRを作ることにより、この問題を解決することができます。 HEVCのサポートをしているため、KBは従来のH.264と比較して最大50%少ない帯域の使用で送信が可能です。 さらに、HaivisionのSRT(独自の誤り訂正プロトコル)技術は、安価ですぐに利用可能な公衆インターネット回線接続をセキュアかつ安定的に利用することが出来るので、クラウドへのアップリンクについて、使用可能な帯域幅を最大限に活用することが可能です。

大手配信プラットフォームすべてに対応しており4Kライブ配信が簡単に開始できる

KB MAXは、映像配信クラウドサービスプロバイダ・プラットフォームやCDNとシームレスに対応しています。 KB MAXは、例えばMicrosoftからAzureへのアップリンク用エンコーダとして公式認定を受けており、事業者がMicrosoftのAzure Media Servicesを利用して世界のインターネットユーザーに配信できるようになっています。 配信事業ごとの必要性に応じて、KB MAXは配信用に単一のビットレートまたはマルチビットレートのストリームをクラウドに送信するように設定することができます。 またKB MAXは、一般企業の場面においても、社員がどこにいても、職場のすべての同僚との会議やプレゼンテーションを安全かつ確実にライブで発信できるようにします。 ライブ映像ソースを入力し、インターネットに接続してストリーミングを開始するだけです!

360度VRストリーミングによる高品質なライブイベント

360度VRカメラやVR配信プラットフォーム・VRゴーグルや対応再生プレイヤーと組み合わせることによって、仮想現実内のライブ映像環境を作り上げることも出来ます。

関連製品

製品検索

カテゴリーから探す

キーワードから探す

メーカーから探す