Haivision SRT Gateway

Haivision

メーカーHaivision

Haivision SRT Gateway

製品名

Haivision SRT Gateway

Haivision SRT Gatewayはオンプレミス・クラウドサービス両方で提供可能なIP映像ストリーミングサーバです。SRTと汎用プロトコル間の変換、ユニキャスト受信したストリームのマルチキャスト送信、送信側/受信側それぞれのファイアウォール間の仲介など、エンコーダ/デコーダ製品自体では実現が難しいIP映像伝送上の諸課題を実現します。

ブロードキャストIPビデオルーティング

Haivision SRT Gatewayは、さまざまなタイプのIPネットワークを介してライブビデオストリームを安全にルーティングするための、柔軟性と拡張性に優れたブロードキャストソリューションです。SRT Gatewayは、ネットワークブリッジとして機能し、SRTを含むプロトコル間の変換を行うことで、放送局に費用対効果の高いライブビデオストリーミングを提供し、コンテンツ制作と配信のために1つまたは複数の配信先に配信することができます。

Haivision SRT Gateway

プロトコル変換

Haivision SRT Gatewayは、ライブビデオのルーティングとプロトコル変換をリアルタイムで実行し、ビデオの品質や遅延に影響を与えることなく、特定のネットワークへのストリームを最適化します。SRT Gatewayは、リモートコントリビューション、バックホール、リターンフィード、双方向インタビュー、国際的なシンジケーションやアフィリエイトとの共有のためのコンテンツ配信など、複雑なビデオワークフロー上でのライブストリーミングを容易にするように設計されており、専用アプライアンスとしても、クラウド上での展開としても利用できます。

ネットワークブリッジ

ビデオストリームをあるネットワーク環境から別のネットワーク環境にリアルタイムで適応させることができます。ライブコンテンツをLAN、WAN、MPLS、公衆インターネット、またはネットワークタイプの組み合わせでルーティングする場合でも、Haivision SRTゲートウェイは、高品質で低遅延のビデオのためのネイティブSRTプロトコルのサポートにより、安全で信頼性の高いストリーミングを保証します。

ネットワークプロトコルの相互運用性

エンドツーエンドのビデオワークフローに不可欠なコンポーネントであるSRT Gatewayは、あらゆるタイプのネットワークを介して異なるソースとデスティネーションポイントをサポートする柔軟性を提供します。Haivision SRT Gatewayは、SRT、MPEG Transport Stream over UDP(ユニキャストおよびマルチキャスト)、RTP、RTMP、RTSP、HLS(出力)などのプロトコル間の変換を行います。

ストリームの複製

放送関連会社やシンジケーションの権利者など、複数の配信先にライブ映像を配信するには、各エンドポイントの特定のストリーミング要件を満たす必要があります。Haivision SRT Gatewayは、24時間365日放送配信用の受信ストリームを、宛先に応じてユニキャストまたはマルチキャストモードで、特定のプロトコルに設定された複数の送信ストリームとして複製することができます。

ファイアウォールトラバーサル

IPファイアウォールは、ネットワークへの外部からのアクセスをブロックし、ビデオストリームがある場所から別の場所に配信されるのを防ぎます。Haivision SRTゲートウェイは、どこでも設定できるため、ファイアウォールの背後にあるデバイスがネットワークセキュリティポリシーに違反することなくストリームに到達することができ、ITの介入の必要性を最小限に抑えることができます。

関連製品

製品検索

カテゴリーから探す

キーワードから探す

メーカーから探す