<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KF4W3K" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

次世代FTTHシステム (NG-PON2)
小カテゴリー

ITU-Tで標準化されている最新のFTTH技術

次世代FTTHシステム「NG-PON2」は、4波の10Gの波長を1本のファイバー上に波長多重させるため、1芯で複数サービスの提供を実現します。
OLT側PONポート障害時や特定波長の輻輳時、OLT側PONラインカードソフトウェアアップグレード時に、ONTの波長を移動させることで、サービス断がありません。
信頼性が高いため、コンシューマだけでなく、企業、行政、公官庁、金融などへのサービスにも最適です。また1588v2の同期がとれるため、携帯基地局向けバックホールにも使用可能です。
10Gの1波を送受信する10Gサービスから、将来は複数波長の送受信による、さらなる容量拡大が見込まれます。
既存の各システムとの混在運用が可能であり、効率的にシステム増設が行えます。
使用用途が多く、世界中の様々な固定通信、携帯電話事業者が導入を予定しております。

NG-PON2 OLTカード

FWLT-A (4 x NG-PON2 ポート)
■1 ポートは1波長をサポート => ラインカードは 4 波長をサポート可能
■初期リリースでポートごとに波長を設定可能
■初期リリースでは下り10G/上り10G
■すべてのNG-PON2 機能に関してハードウェア対応済み
■将来の8つの波長をサポートに関するハードウェア対応済み

光リンクバジェット

■Class N1 (29dB)、N2 (31dB)、E1 (33dB) : 最初のリリースはN2、E1
■将来のE2 (35dB)に関してハードウェア対応済み、最初のリリースでは未対応
■下り、上りではFECが必要
■10G/10Gでは20KMをサポート; 他の速度では40 kmをサポート (OLTはサポート済みだが、ONUは最初のリリースでは未対応)
■ラマンクロストーク削減機能サポート済みで、1550nmへの映像への影響なし

分岐数

■最初のリリースでは波長ごとにONTを32台サポート
■波長ごとONTを128台と、PONあたり256台はハードウェア対応済み
■プライマリー電話、IPTV、VoIP、Potsに対応可能
■21インチラックに最大2シャーシ(シェルフ)搭載で65,536回線対応(FX16の場合)
■監視装置による監視が可能(遠隔可)
■前面LEDによる動作確認が可能
■保守性に優れたユニット方式
■レイヤ3ルーティング、IPv6サポート

製品検索

カテゴリーから選択

メーカーを選択

キーワードで探す

特徴から選択

商品カテゴリー

お問い合わせCONTACT

製品に関するお問い合わせ、デモ依頼、お見積りなど
お気軽にご連絡ください。
Ccpyright © Itochu Cable Systems. All righit reserved.